防犯対策のために|インターホンの交換工事を専門業者に頼もう

作業員

新しいドアホンの取り付け

インターホン

古いインターホンは通話できるだけですが、最新のものは来客者を録画できたり外出先から応対可能なものもあります。交換は自力でできる場合もありますが、不安なら業者に依頼しましょう。作業費用の相場は1万円程度です。

おすすめ関連リンク

  • インターホン工事・取替情報サイト

    インターホンを修理したいのなら、こちらの業者に依頼するといいでしょう。料金も安いので、すぐに直すことが可能になっています。
  • 信和興業株式会社

    インターホンの工事をプロの業者に任せるなら信頼できるところを選んでみませんか?興味があるならここからとなっていますよ。
  • コスモテック株式会社

    インターホンなら激安で紹介されているサイトを確認しておくといいでしょう。ここでなら詳しい状況を確かめておくことができますよ。
  • インターホン工事・取替110番LP

    インターホンの交換はこちらからすることができますよ。質の良いアイテムがたくさんあるので、相談してみるといいでしょう。

住まいを守る味方です

一軒家

築年数の古い住まいにテレビ付きインターホンを取り付け修理する場合には、電源を供給するコンセントと、チャイムコードを壁裏から配線できる環境が必要になります。防犯上、住まいを守る便利な機能がたくさんあり、自分に合ったインターホンを探しましょう。

100V電源は感電の恐れ

インターホン

専門の業者へ依頼しよう

家庭用のインターホンをTVモニター付きに交換したい場合、自分で取り付け可能な場合と業者に依頼した方がいい場合にわかれます。ホームセンターや家電量販店でもインターホンは販売されており、自分で取り付け工事を行う人も少なくはありません。ただし家庭用インターホンは、電源をコンセントではなく壁内部から直結して取っていることも多く、その場合は業者に工事を依頼することをおすすめします。また、家庭内の警報器や家庭用電話と連動している場合など、回線が複雑になっていることも多いため、その場合も業者に依頼することとなります。実は、インターホンの取り付け工事自体は、日曜大工が好きな人ならばそう難しいものではありません。ではなぜ業者への依頼となるのでしょうか。これには電気工事士の資格が関係してきます。コンセントの増設や新規の設置は、必ず電気工事士の資格を持った人が行うと義務付けられています。これは一般家庭の100V電源は、感電する可能性があるからです。インターホンの取り付け工事が、もともとあるコンセント利用というだけならば、個人で工事を行っても何の問題もないわけです。しかし配線を直結する場合や配線数を増やさなければならない場合には、電気工事士の資格を持った業者に依頼しなくてはならないのです。取り付け工事を業者に依頼することで、工事費は数千円から1万円程度余分にかかります。ただ、風雨に晒されても安心なコーキング作業や室内配線等をしっかりやってもらえることは、メリットとして大きなものであるでしょう。一生のうちにそう何度も依頼することはない作業ですから、安全にきれいに取りつけてもらえる業者への依頼がオススメなのです。

延長保証があれば安心

作業員

激安インターホンを買うときは、5年以上の長期保証が受けられるかどうかを基準にするとよいでしょう。購入してからしばらくの間はメーカーの保証がついていますが、購入してから時間が経過するとメーカーの保証は受けられなくなるためです。